ふしや内科・消化器内科クリニック

病院口コミサイトcaloo
042-485-0248

ふしや内科・消化器内科クリニック

MENU

胃内視鏡検査

Gastroscopy

Gastroscopy胃内視鏡検査

経口内視鏡

経口内視鏡

当院では、わずか直径9mmの太さの富士フィルム社製最新鋭レーザー内視鏡システム『LASEREO7000』の胃内視鏡(胃カメラ)EG-L600WR7を導入しております。
大学病院や関連病院で約3万件の検査や治療を経験した消化器内視鏡専門医である院長自らが検査を行いますので、高画質かつ高水準の技術を提供できます。さらにご希望により鎮静剤(静脈麻酔)を使用致しますので、苦しくなく辛くない、快適な検査が可能となります。検査終了後は、リカバリールームで休息して頂き、覚醒した後に、診察室にて画像をお見せしながら、分かりやすい言葉で詳しく丁寧に説明させて頂きます。

経鼻内視鏡

経鼻内視鏡

当院では、わずか直径5㎜の太さの富士フィルム社製最新鋭レーザー内視鏡システム『LASEREO7000』の胃内視鏡(胃カメラ)EG-L580NW7を導入しました
かつては経鼻内視鏡検査の欠点であった画質の劣りに関しても、近年の内視鏡装置の精度により高画質な検査が可能となりました。 鼻からの内視鏡検査は、口からの検査と違って嘔吐反射を起こしません。鼻から入れる場合は内視鏡が舌の根元に触れないので、『オエーっ』という吐き気(咽頭反射)をほとんど起こすことなく、楽に検査を受けることができます。それでも、かつて経鼻内視鏡を受けて苦しく辛い思いをした方には、ご希望により経口内視鏡同様に鎮静剤(静脈麻酔)を使用致しますので、安心して検査を受けることができます(経鼻内視鏡を使用して経口からの挿入も可能です)。検査終了後は、鎮静剤を使用した場合、リカバリールームで休息して頂きます。その後、経口内視鏡同様に診察室にて画像をお見せしながら、分かりやすい言葉で詳しく丁寧に説明させて頂きます。

内視鏡検査

食道がんや胃がんは、定期的な内視鏡検査を行っていれば、早期に発見でき、内視鏡での治療が可能な病気です。
つまり、食道がんや胃がんは予防できる「癌(がん)」のひとつであると言えます。
特に胃がんはピロリ菌の除菌により、日本では減ってきているがんですが、男性ではがん死亡原因の第2位、女性では第4位となっており、全体では第3位と、まだまだ多いがんと言えます。 そのため、一度は受けておきたい検査のひとつです。

当院では鎮静剤(静脈麻酔)を投与することにより、従来に比べ、『苦しさ、辛さ』の少ない、安心してできる胃内視鏡検査を行っております。
「胃内視鏡は苦しい、辛い、怖い」と思っている方に、ぜひ一度当院の内視鏡を受けて頂き、ここで検査をしてよかったと、安心して帰って頂きたいと思っております。
胃内視鏡検査を定期的にきちんと受けることが、食道がんや胃がんの早期発見・早期治療にはとても大切です。

通常、胃の中を観察する際には、微細な病変を見逃さないように、胃の中を空気で膨らませる必要があります。そのため検査後に少しお腹が張った感じになりますが、これは詳細な観察には不可欠です。
当院では、空気の代わりに二酸化炭素(炭酸ガス)を用いることにより、通常の空気と比べお腹の膨満感や圧迫感を軽減するように努めております。二酸化炭素(炭酸ガス)は空気と比べ200倍速く生体内に吸収されますので、消化管の張りや痛みを軽減することが出来ます。

さらに、少量の鎮静剤(静脈麻酔)を使用して、内視鏡検査を行うことで、胃を十分に膨らませた際のおなかの膨満感や圧迫感を感じないように検査を受けて頂くことが可能です。

当てはまる方は胃内視鏡検査を受けましょう

  • 心窩部(みぞおち)や上腹部の痛みがある方
  • げっぷ、胸焼け、むかむか、胃もたれがある方
  • 喉や胸のつかえ感がある方
  • 健康診断でピロリ菌を指摘された方
  • 検診や人間ドックのバリウム検査で異常を指摘された方
  • 体重が減ってきている方
  • 貧血を指摘されている方
  • タバコを吸う方
  • アルコールをよく飲む(すぐに赤くなる)方
  • 過去に胃潰瘍や十二指腸潰瘍を言われたことがある方
  • 血縁者で胃がんがいる方
  • 40歳以上の方で胃内視鏡検査を受けたことがない方

当院の胃内視鏡検査の特徴

1.苦痛を軽減した検査
経口内視鏡・経鼻内視鏡ともに鎮静剤(静脈麻酔)使用による検査が可能なため、苦しくなく辛くない状態で施行できます。
以前、鎮静剤なしで苦しく辛い経験をされ、二度と施行したくないと思っている方は、是非当院にお越しください。
また、経鼻内視鏡の場合は、鎮静剤なしでも検査は可能です。鼻にスムーズに挿入できる細さで、検査前に鼻に十分な麻酔を行いますので、痛みを感じることがほとんどありません。 経鼻内視鏡で鼻血を出された方や経口内視鏡に抵抗がある方は経鼻内視鏡を経口から挿入することも可能です。
2.嘔吐しにくい検査
経鼻内視鏡の場合、内視鏡が舌のつけ根を通らないので、『オエーっ』という吐き気(咽頭反射)をほとんど感じずに検査を受けることができます。
経口内視鏡の場合でも、鎮静剤(静脈麻酔)を使用することで、ほぼ嘔吐反射がない状態で施行できます。
3.おなかが張らない検査
胃の中を観察する際には、小さなポリープなどの微細な病変を見逃さないように、胃の中を空気で膨らませる必要があります。そのため検査後に少しお腹が張った感じになりますが、これは詳細な観察には不可欠です。当院では、空気の代わりに二酸化炭素(炭酸ガス)を用いることにより、通常の空気と比べお腹の膨満感や圧迫感を軽減するように努めております。二酸化炭素(炭酸ガス)は空気と比べ200倍速く生体内に吸収されますので、消化管の張りや痛みを軽減することが出来ます。
4.一人一人にあった検査
患者様一人一人にあった、経口か経鼻かの内視鏡の選択、経路の選択、鎮静剤(静脈麻酔)の使用有無、また量を考慮することにより、快適な環境で検査を受けて頂けます。
5.衛生的な検査
日本消化器内視鏡学会が推奨する、自動洗浄における高水準消毒薬として過酢酸消毒薬を採用しておりますので、大腸菌や肝炎ウィルスなどの病原菌が制御され、安心して内視鏡検査を受けることが可能です。
6.検査後はリカバリールームで休憩
検査終了後は、十分に休息をして頂き、覚醒するまでリカバリールームで過ごして頂きます。
7.検査後の説明
検査が終了し、リカバリールームから出た後に、診察室にて画像をお見せしながら、分かりやすい言葉で詳しく丁寧に説明させて頂きます。

胃内視鏡検査の流れ

検査時間は通常10分程度ですが、組織を採る場合や状態により個人差があります。胃内視鏡検査の流れは次の通りです。

1.検査予約
検査予約
胃内視鏡検査をご希望の場合は、事前に外来を受診して頂きます。 医師による診察ののちに予約します。
服用中のお薬を確認させて頂きます(お薬手帳をお持ちの方は持参ください)。 血液をサラサラにする薬を内服されている方は、必要に応じて検査数日前よりストップさせて頂きます。
2.検査前日
検査前日
夕食は21時までに済ませてください。
お水、お茶、スポーツドリンクは夜間も摂取可能です。
3.検査当日
  • 常用している薬は検査予約時の指示通り服用してください。
  • 糖尿病の方は、検査当日の朝の薬は服用しないでください。
  • お水、お茶、スポーツドリンクは摂取可能です。
  • 指定された時間までに来院し、診察券・承諾書を出し、受付をしてください。
4.検査
検査
  • 検査着に着替えます(貴金属類は外してください)。
  • ストレッチャーに横になり、鎮静剤を注射し、リラックスした状態で検査を行います(鎮静剤を希望しない場合注射はしません)。
  • 検査を実施します(所要時間は10分程度です)。
5.検査後
検査後
  • 検査終了後はリカバリールームで休んで頂き、その後、医師より検査結果の説明があります(鎮静剤を使用しない場合はリカバリールームで休む必要はございません)。
  • 鎮静剤を使用した場合は、検査後の車の運転は出来ません。
pagetop